このページではインターン生派遣以外の活動について掲載しています。

これまでに行ってきた主な活動 2017.04.17 大阪コミュニティ財団 助成金目録贈呈式
 

「乳牛による収入創出活動」への助成を頂いた大阪コミュニティ財団の目録贈呈式に参加しました。「開発途上国への支援」分野は、25件の申請のうち11件の助成が認められていました。アデオジャパンの事業は、公益性・新奇性・実現性・予算妥当性・波及性の観点から評価していただきました。
 大阪コミュニティ財団のホームページはこちらです。

 
2016.10.8-10 東北旅行
 

 宮城県の登米市、塩釜市浦戸諸島、石巻市、女川町を2泊3日の旅行で訪れ、被災地の今を見学してきました。様々な形で地域を支える方々の貴重なお話を聞き、現場に触れながら、普段のフィールドであるケニア・ブシアと被災地との共通点や相違点を考える旅となりました。
 主な訪問先は、下記の通りです。

やまと診療所

NPO法人「アスヘノキボウ」

コミュニティスペースうみねこ

 
2015.4.5 PARACUP 2015
 

 アデオジャパンが、共催団体として関わらせていただいてるPARACUPが、今年も無事終了しました。
 今年はアデオジャパンから30人弱のボランティアスタッフが参加し、当日ランナーの方々とハイタッチをかわしました。これからもPARACUPの良きパートナーでありたいものです。
 当日お越しいただきました方々、誠にありがとうございました。

「PARACUP」の公式ホームページはこちら

 
2014.12.13 アデオジャパン研修・スタツア報告会
 

 今年半年間をケニアで過ごした研修生と、今夏、スタディーツアーに参加した学生による報告会を行いました。研修生からは、徹底的に人々の生活を見つめるなかで感じた援助の限界と、それを克服する畜産による収入向上プログラムについて、そしてツアー参加者から、課題を設定して挑んだ一ヶ月の滞在のなかでそれぞれが感じた”生”のアフリカについて報告させていただきました。

 この報告会でケニアの”今”について少しでも感じていただけましたら幸いです。
 当日お越し下さいました方々、誠にありがとうございました。

2014.8.11~9.14 ケニア・ウガンダ スタディーツアー

 学生5人で1ヶ月間にわたるスタディーツアーを実施いたしました。参加者全員が初めてのアフリカ訪問であり、ツアーの企画・現地支援団体の訪問・アフリカの人々との交流を通して、リアルなアフリカを知り、自分のキャリアや日本・アフリカの社会問題について考える、大変貴重な経験となりました。

 <主な訪問先>

  • JICA、世界銀行の現地オフィス
  • ADEOナイロビオフィス・ブシアオフィス
  • スラムでの音楽教室を運営する日本NGO
  • HIV陽性者をエンパワメントする現地NGO
  • ウガンダの繊維産業をウガンダ大統領とともに支える日本人起業家

2014.4.10 アデオジャパン新歓 2014

 今年も大学の新入生にむけた新歓イベントを開催しました。今年はケニアのADEO本部からDr.Wesongaを招いての講演会をはじめ、研修生による研修・本部の紹介、メンバーとの会食を行いました。

 当日お越しくださったみなさま、誠にありがとうございました。今後とも、アデオジャパンの応援をよろしくお願い致します。

2014.4.6 PARACUP 2014
 

 アデオジャパンが、共催団体として関わらせていただいてるPARACUPが、無事開催されました。今年の大会は6200人のランナーとボランティアスタッフが集まり、当日を盛り上げます。
 PARACUPは今回が10周年の節目の大会となっており、今までのべ3000万人が参加し、約6000万円もの金額を各協賛団体の活動を通して世界中の子どもたちに届けてきました。アデオジャパンもこの大会により頂いたご支援で、ケニアの本部ADEOを通して地域の子どもの生活向上に努めております。
 当日お越しいただきました方々、誠にありがとうございました。

「PARACUP」の公式ホームページはこちら

 
2013.12.16 アデオジャパン 10周年記念イベント ~Go Beyond~
 

 アデオジャパン設立10周年を記念して、ADEO本部代表のDr.Wesongaと豪華なパネリストをお招きして、「越境」をテーマに講演会を開催しました。

  • 10年以上続く国際NGOを設立し、UNHCRを始めとする国際機関と協働を続けるケニア人医師
  • 自動車メーカー、いくつものNGOの事務局長や代表を経て、日本財団で国際プロジェクト全体を指揮、ミャンマー支援の最前線で活躍する国際協力のプロ
  • 青年海外協力隊、外資系戦略コンサルティングファーム勤務後、「留職」プログラムを作り出した社会起業家
  • 法学部在学中のケニアインターンの後、大手電機メーカー勤務を経て医療の道へ進んだドクター
  • 難民キャンプインターンから国際会議ユース代表を務め、外資系メーカー勤務予定の学生

 ひとつの領域に閉じこもらず、社会の様々な側面に触れた者たちの気付きとは。学生と社会人、NGOと外資系ファーム、文系と理系。 一見交わらないような領域へと「越境」することの意義と、それが社会にもたらすインパクトを、多様なバックグラウンドを持つパネリストの方々に議論していただきました。

2013.4.27 UNHCRシンポジウム
 

 4月27日に早稲田大学国際会議場にて、UNHCR主催のシンポジウムが開催されました。同シンポジウムで弊団体の前田が、TICADV学生プロジェクトの学生代表として登壇し、学生プロジェクトの活動内容と提言文書、そしてADEOでの研修の話も少しいたしました。
 緒方貞子氏や、UNHCR、外務省、JICAの担当者などそうそうたるゲストが出席されたイベントの中で、ユースの代表としてアピールをさせていただいたことは非常に光栄です。

 当日ご来場になったみなさま、誠にありがとうございました。

 
2013.4.20 アデオジャパン新歓 2013

 大学の新入生にむけて新歓を行いました。新歓イベントでは研修生による研修や本部の紹介、新入生も含めた定例会議、メンバーとの食事・談話を行いました。
 当日お越しくださったみなさま、ありがとうございました。新しくメンバーを迎え、パワーアップしたアデオジャパンを今後ともよろしくお願い致します。

2013.4.7 PARACUP 2013

 アデオジャパンが例年協賛団体として参加しているチャリティマラソン「PARACUP2013」が終了いたしました。本年は大会前日の大雨によりパラカップ初めての中止となってしまいました。しかし中止にもかかわらず、当日は多くの方々が会場までお越しくださり、参加してくださる皆様の温かさを改めて実感した大会ともなりました。
 今大会でいただいた寄付金は予定どおりケニアの本部ADEOを通して地域の子どもの生活向上に役立ててまいります。

「PARACUP」の公式ホームページはこちら

2012.12.15 アデオジャパン クリスマスパーティ 2012

 アデオジャパンは今年もクリスマスパーティを行ないました。趣向をこらしたゲームやメンバーによるプレゼン(写真右)など今年もコンテンツもりだくさんの楽しい会になりました。
 ご来場いただいたみなさまありがとうございました。

2012.11.30 ポストMDGsナイト・カフェ

 アデオジャパンの天野が、動く→動かす主催「聞いて、話して、考える―ポストMDGsナイト・カフェ」にて、日本及び世界の経済動向についての公演を実施しました。講演やその後の議論の中では、今後の開発を考える上での「成長の質」の重要性について共有がなされました。

プレゼン資料はこちら↓ http://prezi.com/gb6slcjtv98k/ugougo-slide/?kw=view-gb6slcjtv98k&rc=ref-24990725

2012.9.30 第七回UNHCR難民映画祭

 第七回UNHCR難民映画祭にて行われたトークイベントに、アデオジャパンの前田実咲が登壇いたしました。前田は日本ソマリア機構代表の永井陽右さんとともに、本映画祭初の学生スピーカーとして難民問題について議論を繰り広げました。
 学生がこのような大きな舞台に登壇した意味、大人たちが彼らに求めていたもの、そういったものは、社会人と学生双方から構成される弊団体としても考え続けていかなければならないと、改めて実感いたした次第でございます。

2012.9.30 YDP Japan Network インタビュー
 

 先日、YDP Japan NetworkさんのWakamoizという企画に取材していただきました。学生代表の前田と村岡がアデオジャパンの歴史や魅力、個人の問題意識から将来のビジョンまで幅広く語らせていただいた内容が掲載されています。ぜひ下記のURLよりご一読ください。
 取材していただきましたYDP Japan Network様、誠にありがとうございました。

インタビューの内容はこちらからご覧いただけます。

 
2012.8.1 前田美咲 Development Japan共同代表に就任
 

 アデオジャパンの学生代表、前田美咲が田中和哉氏と共にDevelopment Japanの共同代表に就任いたしました。同団体は本年10月に東京で開催されますIMF世銀総会の最中、前後軒間におきましてユース主体のイベントを複数展開する、発足からまだ間もない団体です。
 アデオジャパンと同時に、Development Japanの今後の活動にも、どうぞご注目ください。

    

 Development Japanの活動はこちらからご確認ください。

2011.11.12〜13 African Festa 2011

 外務省主催のアフリカンフェスタ2011に参加いたしました。アフリカンフェスタは日本とアフリカの文化の架け橋をコンセプトにしたイベントで、アデオジャパンはパネルを用いた活動紹介やアフリカ民芸品の販売を行いました。
 当日お越しくださったみなさま、誠にありがとうございました。

TICADVへ向けてのアデオジャパンの取り組み

アデオジャパンは2013年6月に行なわれ、通称 ‘TICAD(Tokyo International Conference on African Development)’ で知られる 「アフリカ開発会議」に向けて二つのグループに加入し、活動を行なっていました。二つの組織の概要、及び関連サイトへのアクセスはこちらから。


・TICAD Vに向けたNGOコンタクトグループ
・TICADV学生プロジェクト

TICADとは?   

TICADとは,Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略であり、アフリカの開発をテーマとする国際会議です。 1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)及び世界銀行等と共同で開催しています。

アフリカの「オーナーシップ (自助努力) 」と国際社会の「パートナーシップ (協調) 」を二大原則に、 アフリカ諸国の首脳と開発パートナー(各国政府、国際機関、NGOなど)との間のハイレベルな政策対話を促進しています。 アジアとアフリカの協力を最大の特徴とし、この20年間でアフリカの開発の推進に向けたイニシアチブの実施を促進する主要な国際的枠組みへと進化を遂げてきました。

5年に1度首脳級会合が行なわれ、2013年は第5回目の開催となりました。各回とも今後5年間のアフリカ開発に関する宣言文や行動計画を採択しており、 第4回目は初めて開催都市となった横浜にちなみ「横浜宣言」と「横浜行動計画」を採択しました。

参考URL: 外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/ 国連開発計画(UNDP):http://www.undp.or.jp/ticad/



Twitterボタン